不要になった竿はロッド買取専門店でなるべく早く売ろう!|Recycle Purchase
HOME>注目記事>不要になった竿はロッド買取専門店でなるべく早く売ろう!

みんなが気になるロッドの特徴

硬い竿と柔らかい竿の折れやすさや特殊なタイプのロッドについてご存知ですか?竿を売る前に自分の竿がどんな特徴を持っているのか、いろんな情報と照らし合わせてみるとわかりますよ。

釣り人なら知っておきたいロッドの疑問

柔らかい竿は折れやすいの?

硬い竿と比べると柔らかい竿は折れやすいのですが、ぶつけたりせず丁寧に扱えばまず折れることはないでしょう。また折れてしまったからといって買取してもらえないわけではないので覚えておきましょう。

ズームロッドって何?

魚を釣る際、場所によって竿が扱い辛い状況もあると思います。そこで、竿を短くしたり長く伸ばしたりできる機能を備えた竿がズームロッドとして発売されました。

ガイドがない竿てあるの?

一般的な竿は糸を通すための穴(ガイド)がありますが、中通しロッドと呼ばれるタイプの竿はガイドがなく、その代わり竿の中心から糸を通して使えます。ガイドがないので、強風時でも糸絡みの心配がないという特徴があります。

確実に買取ってもらうには

釣り

最近のリユース市場の繁栄により、釣り具の買い取り業者も増えて来ました。一方、慣れていないと、凄く低い価格で買い叩かれたり、トラッブルに発展したりする可能性も指摘されています。そこで、使わなくなった釣り竿を、安心できるロッド買取業者に確実に売る為に何が必要か、初めて竿を売りに出す時のコツを伝授致します。先ず、日本の釣りのジャンルは本当に幅が広くて、使い方も細分化されて売られています。その為、自分の使っている竿はどのジャンルであるのかを、予め確認しておく必要があります。

自分の使い方を確認する

一方、店舗で買う際は、自分の好みで購入するので、ジャンルが異なる対象で使っている場合も、しばしばあるのが実状です。そこで、その竿を業者で買取ってもらう際には、今どのように使っていても、本来のジャンルを確認して売るのが大切です。信頼できるロッド買取業者であればあるほど、査定の際に「何で使っていましたか」とか、サラッと質問をしてくるので、普段の使い方を伝えてしまう時があります。本来の目的で使われてこそ、そのロッドのポテンシャルが維持できると云う事を、理解できていないといけません。

カスタマイズしない事

なので、買った時の状態を維持して売りに出しましょう。自分に合う様にカスタマイズしないことです。そして、また新しい釣り方や、憧れの魚を釣りあげるためのロッドに出会う為に、上手に業者を活用しましょう。ロッド買取のシステムは、趣味のアイテムで、安易にお金をゲットする目的で理由するのではなく、釣りが好きなあなたの趣味の世界を更に広げる為に使うと、査定が適正である事に気付く事もでき、釣果に繋がりますよ。

広告募集中