お得に廃船解体してもらうために覚えておくべきポイント|Recycle Purchase

再資源化

廃船解体する際に様々な素材に分類し、リサイクルすることになります。船の素材は大きく分けると以下の4つの素材に分類することができるので覚えおくと良いでしょう。

廃船解体後の廃棄物の種類

  • プラスチック
  • ガラス
  • 金属
  • コンクリート

知っておくと良い点

漁船

廃船解体業者のりようを検討しているといった場合には知っておきたいことも多いです。例えば、廃船解体業者に解体を依頼する際には引取後の船の行方について知っておくと良いでしょう。場合によってはすぐに解体されることもありますし、部品取りのためにとって置かれることもあります。他に修理されて中古船舶市場で売られるということも珍しくありません。このように船の行方はケースバイケースですが、こうしたことも売る前に検討しておきたいところです。

どうやって利益を得るか

漁船

廃船解体業者によっては無料で解体してもらえることもあります。無料で解体してもらえばかなり売る側としては良いですが、どのようにしても受けているのか不思議に感じることもあるでしょう。とはいえ、心配することがありません。廃船解体業者は様々な方法で船を有効活用して利益を得ています。部品取りだけに特化しているといった廃船解体業者もありますが、解体後に廃船をくず鉄として売る廃船解体業者もあるのです。このようにかなり廃船解体業者によってケースバイケースです。

サービスについて

漁船

廃船解体業者は紹介したように解体だけしているのではありません。サービス内容もいろいろとあり、廃船解体業者に書類作成だけ依頼できることもありまス。他にも中古船舶の斡旋をしてもらえることも。これ以外にも古い船舶を集めているコレクターを紹介してもらえるといったことも。このように廃船解体業者はいろいろな用途に利用できますし、そのサービスも豊富です。このため、古い船舶に関する問題で困ったらとりあえず相談しておくと良いでしょう。

アフターケアについて

漁船

廃船解体業者のアフターケアも大事です。アフターケアとして書類作成などをしてくれることがあります。他にも解体した後に船のパーツを記念としてプレゼントしてくれるといったような特徴的な廃船解体業者もあるのです。

広告募集中